結netにしもろ 小林市・えびの市・高原町 医療介護連携サイト

お知らせ

2021年11月02日

🆕【結netだよりVol.5】西諸地域の医療・介護事業所の紹介~ヤマゲ居宅介護支援事業所~

インタビュー記事(ヤマゲ居宅介護支援事業所 山毛徹さん)

 

 

西諸地域の医療・介護事業所紹介の第2回目はえびの市役所近くにある、ヤマゲ居宅介護支援事業所のケアマネ、山毛徹さんにお話しを伺いました。

 

🔶ヤマゲ居宅介護支援事業所・ケアマネの仕事について教えて下さい。

要介護認定を受けた65歳以上の方が当事業所を選ばれたら、その方の自宅におじゃまして利用者、家族の話を聞いた上でその方の介護認定で使えるどのサービスが必要かを提案します。利用者、家族が納得されたら、介護サービスを利用するためにケアマネが計画書を作成します。計画書を作成したらサービス内容と関係する職種の方を呼んでサービス担当者会議を行います。その際の調整役を担っています。サービスがスタートした後は、月に1回ケアマネが利用者宅を訪問してサービスの成果が出たか、もっとこういう風にして欲しい等の意見を聞いて確認(モニタリング)していきます。このことを繰り返しながら計画書の変更や必要であればサービス担当者会議を行います。

 

🔶利用者さんの介護度はどのくらいですか?

在宅の方がメインになりますので、介護度1,2の方が多いです。介護度3,4の方は全体の2割位です。最近では在宅のサービスが充実してきていて、重度になっても家族が自宅で看たいという人が若干増えてきています。

 

🔶ケアマネの仕事の魅力を教えて下さい。

施設に入所されている方々と違って自宅におられる方は「できるだけ家にいたい」という思いが強いです。色々なサービスや家族の協力を使ってなんとか希望通り自宅で過ごさせてあげられるようにすることがケアマネの喜びになっています。

 

🔶ケアマネの仕事で大事にされていることは何ですか?

利用者の話を「聴くこと」ですね。利用者さんの中には言葉が出にくかったりして思うように伝えることが出来ない方がいます。また家族が優先して話されることもあります。忙しい時でも時間がかかってもゆっくりと本音を聴けるような余裕のある自分でいることを大切にしています。
 

 

🔶今回のコロナ禍で苦労されたことはありますか?

利用者や家族がコロナに感染するかもしれないということでサービスを休まれる方が一時期ありました。行かなくてもある程度生活ができる方はいいのですが、サービスを利用しなければ自宅で入浴出来ない方はコロナ感染が長びけば大変だろうなと心配しました。少しでもコロナが落ち着いたらすぐにでもサービスを利用したいという方がおられて、、、。それだけサービスが重要であるということですね。

 

🔶多職種との連携で苦労されたことはありますか?

基本的に病院の相談員とのやりとりを行っていますが、特に問題はありません。

医療機関とは入院・退院時の情報提供書を活用してやりとりしています。統一された書式なので使いやすいです。また、退院時情報提供書で退院時加算が取れるので助かっています。

 

🔶最後に結netにしもろのホームページについて聞かせて下さい。

私は結構活用しています。新しい事業所が知らないうちに出来ていたりするので、西諸地域の事業所を調べる時に結netにしもろホームぺージを見ています。事業所番号の掲載があるとさらに使いやすいと思います。

 

《今回はヤマゲ居宅介護支援事業所の山毛さんにお話しを伺うことが出来ました。お忙しい中、時間を作っていただきありがとうございました。結netにしもろのホームページや入院・退院情報提供書に関するご意見を頂きましたので今後、よりよい医療と介護連携のツールとなるように検討、改善して参りたいと思います。 (日髙:取材日 令和3年10月27日)》
 

 

過去の結netだよりを見る

一覧にもどる